MENU

ココナッツオイルの代用品/ない時はバターが代わりになる?

近年スーパーフードとして話題のココナッツオイル。料理やお菓子作りに使われますが、実はお肌や髪の美容にも活用されています。残念ながらまだ店頭でもっていない場合も多いので、使ってみたい方のために、ココナッツオイルの代用品について調べてみました。

目次

ココナッツオイルを知ろう!

ココナッツオイルとはどんなもの?

テレビや雑誌などで「健康に良い」と取り上げられることも多いココナッツオイルですが、その名の通りココヤシの実を絞って作られる植物性オイルで、またの名をやし油ともいいます。

ココナッツオイルは、その成分の70%が中鎖脂肪酸。

これは中性脂肪として体に蓄積されにくいという性質を持っているので、揚げ物など、オイルをたくさん使う料理の際には強い味方です。

さらに抗酸化作用をもつビタミンEも豊富に含まれているので、健康的なオイルのひとつであることは間違いありません。

ココナッツオイルはどうやって使う?

お料理に使ったり、その香りを生かしたお菓子作りなどが一般的ですが、飲み物に入れてもおいしくいただけます。

また「オイルブリング」といって、直接口に含んでうがいをする健康法などもあり、口臭改善や歯のホワイトニング、口内トラブルに効果があるといわれています。

ココナツオイルは浸透性が高いため、ボディケアや髪のお手入れにも適しており、美容意識の高い海外セレブにも愛用者の多い万能なオイルです。

ココナッツオイルは本当に体に良いの?注意点は?

もちろんココナッツオイルも「油」なので、摂取しすぎると食慾減退や頭痛、めまいなどの悪害を生じます。

そういった症状が出た場合は過剰摂取なので、使用量を抑えたほうがいいでしょう。

目安として1日に大さじ2杯程度を摂取することで、さまざまな効果が期待できます。

〈ココナッツオイルの効能〉
  • 燃焼されやすく、体脂肪がつきにくい → ダイエット効果
  • ココナッツオイルの油分で腸内がきれいに → 便秘予防
  • 活性酸素を消す酵素を活性化させる → アンチエイジング効果
  • 抗菌作用を持つラウリン酸が豊富 → 免疫力アップ
  • 中鎖脂肪酸が善玉コレステロールを増やし悪玉コレステロールを減らす → コレステロール値低下
  • 認知症などの予防改善

【食用版】ココナッツオイルの代用品6選

ココナッツオイルを代用するなら①【バター】

いつも冷蔵庫に常備しているご家庭も多く、料理だけでなくお菓子作りにも必要不可欠とも言えるバター。

バター=オイルという印象がないので想像しづらいかもしれませんが、ココナッツオイルの代用品になります。

甘いココナッツオイルの香りとは違ってバターはコクの深い香りなので、甘い香りのオイルをお料理に使うことに抵抗がある方などは、代用品として使用してみることをおすすめします。

またお菓子作りのときに代用すると、バターの風味と程よい塩味でココナッツオイルとは違った美味しさが味わえます。

ココナッツオイルを代用するなら②【マーガリン】

冷蔵庫で保存しても固くならないので、あつあつトーストにもサッと塗ることができて、とても便利なマーガリン。

お料理にもお菓子作りにも、ココナッツオイルの代用品として手軽に使うことができます。

マーガリンの原料はコーン油や大豆油なので、味わいはあっさり、仕上がりはサックリ食感にできあがるのが特徴です。

ココナッツオイルを代用するなら③【オリーブオイル】

ココナッツオイルがココヤシの実なら、オリーブオイルはオリーブの実から作られたオイル。

健康面に配慮してココナツオイルを使っているなら、オリーブオイルを代用品として使うのが正解です。

ココナッツオイルと同じく酸化しにくい植物性オイルで、爽やかなフルーティな香りが特徴です。

ココナッツオイルを代用するなら④【サラダ油】

家庭にあるオイルといって真っ先に思い浮かぶのがサラダ油ではないでしょうか。

実はサラダ油は日本オリジナルのオイルなんです。

菜種や大豆、ごま、とうもろこしなどの原材料を調合して作られ、ココナッツオイルと違って低温でもサラサラのまま固まりません。

味や香りにクセがなくて、代用品としても使いやすいうえに価格も安めなので、あまりお金をかけずにいろいろな料理やお菓子作りを楽しみたい方には最適な代用品です。

ココナッツオイルを代用するなら⑤【MCTオイル】

MCTオイルとは、ココナッツやパームフルーツに含まれる植物成分である中鎖脂肪酸100%のオイルのこと。

一般的なオイルよりも消化・吸収が早く、エネルギーになりやすいので、スポーツ時の栄養補給や生活習慣病予防などに利用されています。

無味無臭なので、ココナッツオイルの香りが苦手な人の代用品としておすすめです。

さらに、代用品でも健康に良いオイルを探している方にはうってつけのオイルです。

ココナッツオイルを代用するなら⑥【米油】

米糠から抽出された植物油である米油も、ココナッツオイルの代用品として使用できます。

米油には抗酸化作用をもつオレイン酸が多く含まれているため、血中コレステロールを下げる働きは、植物油の中で最も高い効果があります。

また加熱するとバニラのような甘い香りが立つので、クッキーなどの焼き菓子を作るときの代用にとても向いています。

【美容版】ココナッツオイルの代用品ならこれ!

ココナッツオイルを代用するなら①オリーブオイル】

食用版でもご紹介したオリーブオイルですが、ココナッツオイルの代用品として使うならヘアオイルがいいでしょう。

なぜならオリーブオイルには豊富なビタミンEやポリフェノールが含まれていて、髪や頭皮の潤いを保ってくれます。

ツヤツヤサラサラの髪の毛になります。

ココナッツオイルを代用するなら②【グレープシードオイル】

ブドウの種から取れたオイル、グレープシードオイル。

同じ植物性オイルですが、ココナッツオイルよりもサラサラのテクスチャーです。

べたつかないのでボディケアでの使用に向いていて、洗い流す必要もないのでとても使いやすい代用品です。

ココナッツオイルを代用するなら③【アボカドオイル】

食用として人気のアボカドの果肉から抽出した食用油、それがアボカドオイルです。

濃厚な味わいで高級感のあるテクスチャーが特徴と言えるでしょう。

主成分は健康に良いとされているオレイン酸で、ビタミンEも豊富。

エイジングケアや日焼け止めの効果があるだけでなく、保湿力も高いので、乾燥肌に悩む方はココナッツオイルよりもアボカドオイルの方が効果的です。

ココナッツオイルを代用するなら④【アルガンオイル】

モロッコ原産のアルガンという木から採取されるアルガンオイルは美容効果も高く、ココナッツオイルの代用品として使用できます。

食用でも使いますが、日本ではスキンケア用のオイルとして人気。

アルガンオイルに含まれるリノール酸、オレイン酸、ステロールなどの成分は肌の脂質成分によく似ているので、栄養を角質層までしっかり浸透させることができます。

またアルガンオイルは保水力が高いので、洗顔後すぐに使うと化粧水などのうるおいを抱え込み、お肌を整えます。

ココナッツオイルを代用するなら⑤【ひまわり油】

マーガリンの原料として活用されているひまわり油ですが、実は健康と美容にとてもよい成分が含まれています。

活性酸素を抑制する抗酸化成分がお肌のトラブルを防ぎ、アンチエイジング効果を発揮します。

ココナッツオイルよりもやわらかい質感で、ひまわり油で肌をマッサージすると、血行が促進されて代謝やリンパの流れが改善して疲労軽減効果も得られます。

ココナッツオイルを代用するときに使う量はどのくらい?

いろいろな代用品があるココナッツオイルですが、実際に使うときの量は代用品によって違うのでしょうか?

用途にもよりますが、食用で代用する場合も美容で代用する場合も、ココナッツオイルと同じ使用量で大丈夫です。

どちらも過剰摂取には気をつけて使いましょう。

【レシピ紹介】ココナッツオイルを使ったお菓子

炊飯器で作るりんごのタルトタタン

すべての材料を炊飯器に入れてスイッチをいれるだけで、おいしいタルトタタンのできあがり!

【材料】
りんご 1個
ホットケーキミックス 100g
砂糖 40g
ココナッツオイル 40g

【作り方】
1 りんごは皮をむき、16等分にくし切りにする
2 すべての材料を炊飯器の釜にいれ、軽く混ぜあわせてから炊飯スイッチをいれる
3 焼けたら釜ごと粗熱をとり、冷めてから逆さまにして皿に取り出す

楽天レシピ/https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1270008254/

さくさくスノーボール

ココナッツオイルの香りと甘みがほどよく効いた、口どけ最高のスノーボールです!

【材料】材料 (2.5cmサイズ12個分)
薄力粉 60g
片栗粉 30g
砂糖 10g
ココナッツオイル 25g
粉砂糖(仕上げ用) 適量

【作り方】
1 ココナツオイルがレンジで温め、とろとろにしておく
2 ボウルに薄力粉、片栗粉、砂糖、ココナッツオイルを入れ、よく混ぜまる
3 生地がまとまったら2.5cmに丸め、ラップに包んで押し固めるよう成形する
4 160度に予熱済みのオーブンで15~18分焼く
5 粗熱が取り、粉砂糖を入れたビニール袋に4を入れ、転がすようにして粉砂糖をまぶして完成

https://cookpad.com/recipe/4758821

ホットケーキミックで作るスコーン

砂糖なし!甘い香りのヘルシースコーン!

【材料 (約7cmが8個)】
ホットケーキミックス 100g
ココナッツオイル 20g
お水 15cc

【作り方】
1 ココナッツオイルを耐熱の器に入れ、600Wのレンジで30秒程度加熱し、透明になるまで溶す
2 ボウルに入れたホットケーキミックスに1を入れてヘラで混ぜ合わせる
3 ホロホロになったらお水を入れ、再びヘラで混ぜまとる
※レーズンやチョコを入れる際は、まとまってから入れる
4 まとまったらラップに包み、手の腹で大きさ約12cm、厚さ約1.5cmに形成する
5 オーブンを170度に予熱する
6 8等分に分け
7 予熱済オーブンで15分程度焼き、冷めたら完成

https://cookpad.com/recipe/3082035

ココナッツオイルがない時のまとめ

  • ココナッツオイルとはココヤシが原材料
  • 植物性オイルで飽和脂肪酸が含まれているので、健康にも美容にも良い
  • ただし過剰摂取するとめまいや食欲減退などの症状が出ることもある
  • 適量は1日大さじ2杯程度
  • おすすめの代用品は、食用なら
      バター、マーガリン、オリーブオイル、サラダ油、MCTオイル、米油
  • 美容に使うなら
      オリーブオイル、グレープシードオイル、アボカドオイル、アルガンオイル、ひまわり油
  • 代用する場合の使用料はココナツオイルの使用料と同じ
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる